お知らせ

2018-01-10 17:31:00

 

空気が乾燥する冬になると、頭皮がかゆい、フケがよく出る。そんなお悩みありませんか? 頭皮も皮膚の一部。頭皮ケアの基本的な考え方は肌のお手入れと同じです。 かゆみやフケは、誤ったお手入れによる「頭皮の乾燥」が原因かもしれません。 頭皮全体がかゆいなら「頭皮が乾燥している」、 一部がかゆいなら「こすり過ぎなどで頭皮が傷ついている」可能性が......!!

 

 

皮脂のとり過ぎは頭皮トラブルのもと! 

「頭皮を清潔にすること=汚れや皮脂をしっかりとること」だと勘違いしていませんか? そもそも、皮脂は悪いものではありません。皮脂とはがれた角質が混ざり合って皮脂膜をつくり、 そこにいくらかの常在菌が棲んでいるのが、健康な頭皮本来のあるべき姿。 皮脂膜は、皮膚に潤いを与えると同時に、 外部からの物理的刺激や化学的刺激の侵入も防いでいるのです(バリア機能)。 

 それなのに、洗浄力の強いシャンプーで、 しかも頭皮に爪をたててゴシゴシと洗ってしまったら必要な皮脂までとりすぎてしまいます。 その結果、頭皮のバリア機能が低下し、 かゆみ(炎症)が起きたり、角質(フケ)がたくさんはがれてフケが出たりしてしまうのです。

 ちなみに、頭皮の「乾燥」が直接薄毛の原因になることはありません。 頭皮の洗い過ぎ(頻度やゴシゴシ粗い)は、ヘアサイクルの成長期が終わりに近づいた髪や、 休止期(いつ抜けてもいい状態)にある髪が早く抜ける原因にはなりますが、 通常ならば 3 か月もすればまた髪が生えてきます。

 「薄毛」になるのは、加齢やホルモン分泌の変化、 血流の低下などの要因で髪の成長のサイクルが乱れ、 抜ける毛よりも新たに毛が生えてくる髪の伸びが遅くなったり細くなったりし、 ついには生えなくなるからなのです。

 

1