お知らせ

2017-11-30 21:52:00

昨年末2週間ほどしましたが大変好評につき

 

男前なキャンペーンを始めます。

 

総額10万円の商品を1等~5等まで用意しております。

 

はずれはなしです。

 

全部で300枚

 

商品に限りがございます。

 

もちろん5等が多いですが10人に1人は3等以上の確率です。

 

カットで来店の方限定です。

2017-11-05 20:40:00

乾燥しているこの時期、フケが出やすくなります。

 

フケの症状は大きく2つあります。

「乾性タイプ」と「脂性タイプ」

 

1、季節的要因…乾燥が原因

 

2、体調不良…ストレスや睡眠不足

 

3、栄養不足…特にビタミンAやミネラル

 

4、パーマ、カラーによる刺激…炎症を起こす成分

 

5、病気…皮膚疾患など甲状腺や糖尿病も原因

 

6、加齢…残念ですが…

 

7、シャンプー…シャンプーのしすぎや洗浄力が強すぎる場合

 

8、水質…硬水など硬度が高めはフケが出やすい。

 

9、薬…薬の副作用

 

当てはまる項目が多いとフケは出やすいです。

基本的には「保湿」が一番大切です。

 

 

お悩みの場合、相談しますので、お気軽に聞いてみて下さい。

2017-10-03 16:36:00

一般的に白髪は、毛髪の老化現象のひとつであると考えられています。

 

白髪に関する統計学的調査によると、

男性は3034歳、女性は3539歳ごろから白髪が急増するみたいです。

 

白髪は色素形成細胞(メラノサイト)の消失、

メラニン色素の合成に関わる酵素(チロシナーゼ)の量の低下、

あるいはメラニン色素の毛細血管への受け渡しが滞ることなど、

原因は様々です。

 

「一度白髪になったら元に戻らないのでは?」と質問されることがあります。

その白髪の原因が加齢によるものでなければ、

ビタミンA、ミネラルなどの栄養を取り、ストレスなく、生活面で気をつければ、

黒髪に戻る可能性があります。

 

白髪の出る時期や増える量、場所に関して、

個人差があります。

 

 

年齢ではなく、経験を重ねた一つの証かもしれません。

2017-09-01 11:19:00

科学の世界では、「マイナスイオン」という言葉は、

自然科学の用語として認められていません。

 

一般市場で流行ったマイナスイオンの健康本やマイナスイオン製品

などによって作られた造語であると考えられています。

 

マイナスイオンドライヤーでは、

 

「コロナ放電(局所的に放射状の強い電界が存在する場合に現れる期中放電)」

によって空気中に存在する酸素と窒素を分解し、

酸素や窒素にマイナスの電荷を帯びさせることで

マイナスの酸素イオンやマイナスの窒素イオンを発生させます。

 

発生したマイナスイオンは空気中に存在する小さな水粒子と結び付くため、

マイナスの電荷を帯びた水粒子は浸透力が増し、

それが毛髪に付着・浸透することで柔らかさや潤いを与えるというものです。

これがマイナスイオンと定義しています。

 

ここで、注意しなければいけないのが、

 

ph、イオン結合の説明にある水中に溶けて

マイナスの電荷を持ったり、残留アルカリ等により等電帯以上のphとなった

毛髪がマイナスに帯電する現象は、

 

マイナスの電荷によって起きており、

 

マイナスイオンドライヤーで発生するマイナスイオンとは完全に別物です。

2017-08-27 19:14:00

いつもご利用ありがとうございます。

8月25日(金)正午過ぎから15時までと本日8月27日(日)8時過ぎから12時20分頃まで発生していましたインターネットのネットワーク障害は、現在一時的に復旧しており、お客様の環境によって、順次接続が可能になっております。

この影響により、すべてのお客様が本サービスに繋がりにくい状況が続いておりました。

データの障害や破損を示すエラーは検出されませんでした。


この度は、お客様には再びご迷惑ならびにご不便をおかけいたしましたこと深く
おわび申しあげます。



今回の障害も、サーバー間のネットワークに何らかの障害が発生した為に、アクセスできない状況でございました。

サーバ(メールサーバとDNSサーバ)には問題は発生しておりません。
また、予約システムに直接サイバー攻撃など外部からアタックされた形跡はございませんでした。

 

最後にお客様には、一定期間、本サービスのご利用がしづらい状況となりましたこと、心よりおわび申しあげます。

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...